ペットと暮らせる借家の提案

本当に需要が多いペット飼育できる借家

アパート・マンションはペット飼育ができる物件が増えてきましたが、借家はまだまだ少ないように

思います。

そこで、今、2件ほどペット飼育可能な物件を手掛けようとしています。

物件により貸し方を考える

ペット飼育を可能にするには、貸主の理解はもちろんですが、借主の理解も必要です。

なんでもかんでもペット可能にすると、入居の時はスムーズにいくと思いますが、退去の時にトラブ

ル発生なんてことになりかねません。

そこで、契約書などはもちろんですが、物件もペット可能用にしていくことも考えないとだめですね。

古い借家はまだいいのですが、10年~20年程度のまだまだ新しい感じの住まいは要注意です。

たとえば、飼育可能は小型犬のみにして、壁の腰あたりから途中に見切りを入れてクロスを変えれる

ようにする。

そうすることで、もし、退去時にペットが壁をガリガリしても、下の部分だけ変えることができると

いうわけです。

このようにちょっとした工夫で、もしクロスなどが破損されていても、最小限の補修で済む可能性が

あります。

大家さんにこんな提案をしながら、ペット案件を増やしていきたいと思います。

改善するところはまだまだありますが、仕上がったら報告します。

株式会社東洋ハウジング

三重県松阪市久保町1330番地8

☎ 0598-29-1155

URL https://sutekinasumai.com/

最新記事

カテゴリー

アーカイブ