4月8日(木)松坂城跡から松阪駅周辺の注意【東京2020オリンピック聖火リレー】

【オリンピック聖火リレー松阪コース】

【オリンピック聖火リレー松阪コース】

松阪市聖火リレーコース

来る4月8日(木)13時35分から14時17分に松坂城跡から御城番屋敷、本町、日野町を通ってJR松阪駅まで

の約2.4㎞の道のりを東京2020オリンピックの聖火リレーが通ります。

道路の全面規制や一部通行規制があり、当日の12時50分から14時50分の2時間は周辺も混雑すると思います

ので、注意が必要です。

沿道の密集を避けるために、聖火ランナー走行の模様は、なるべくNHKインターネットライブ中継をご覧く

ださいという事ですが、もし、近所で観覧される場合は、下記のお願いがあります。

 

・体調が悪い場合や感染の疑いがある場合は、観覧を控えてください。

・沿道で観覧される場合は、お住まいに近い場所でご観覧ください。

・沿道ではマスク着用をお願いします。

・大声は出さずに、拍手による応援をお願いします。

・観覧時は左右前後の方と適切な距離を取ってご観覧ください。

・新型コロナウイルス感染症の感染状況によっては中止または変更する場合があります。

・警察官・沿道整理員の指示に従ってください。

・聖火リレー走行路の環境によっては、観覧スペースを指定する場合があります。

・公共交通機関をご利用ください。

・聖火リレー当日は、コース及び会場周辺でのドローン等の飛行は法律により禁止されます。

 

当たり前だと思いますが、以上の項目に注意の上、応援しましょう。

ちなみに、三重県では前日の4月7日(水)に四日市市、鈴鹿市、亀山市、津市、鳥羽市、伊勢市などを経由

して8日は伊賀市、名張市の次に松阪市です。

その後、大紀町、紀北町、熊野市と続きます。

各地でルールを守ってオリンピックの聖火リレーを楽しみましょう。

 

株式会社東洋ハウジング

三重県松阪市久保町1330番地8

☎ 0598-29-1155

URL https://sutekinasumai.com/

 

注意したい狭い道

 

街中の幅員の狭い道

松阪市だけではないと思いますが、旧市内には道の狭い道路があります。

【pixabayより 松阪市内にもたくさんある細い路地(画像は関係ありません)】

【pixabayより 松阪市内にもたくさんある細い路地(画像は関係ありません)】

最近、そんな狭い道で狭あい道路と呼ばれるところがある事をご存知ですか!

狭あい道路はそのままではその道路に接続する敷地では建築できないなど、支障

があるところも多々あります。

 

狭あい道路とは

そもそも狭あい道路とは何だろう・・・という方も多いと思います。

狭あい道路とは、建築基準法において道路の幅が4m以上で定められています。

しかし、皆さんの周りにも道路の幅が4m未満の道路もたくさんありますよね?

もしかしたら、売却しようと思ってる土地も狭あい道路かもしれません。

そんな幅4m未満の道路で、市が指定した道路を『狭あい道路』と呼びます。

 

『道路』と敷地

ご自身の家を想像してみて下さい。その家の敷地に面して必ず道路があります。

これを『接道の義務』といい、建物を建てる敷地には必ず道路に面していないと

いけないと建築基準法で定められています。

ここでいう道路とは、先ほど説明した幅4m以上のものです。道幅が4mあれば緊

急車両も問題なく駆けつけることができます。

 

『狭あい道路』と敷地

狭あい道路は市が指定した幅4m未満の道路です。この狭あい道路に面した敷地で

は、そのまま新たな建物を建てたり、建て替えることができません。

道路の中心から2m敷地を後退していただく事で、新たに建てたり、建て替えたり

することができるようになります。

狭あい道路に面するそれぞれの敷地が、道路の中心から2m後退することで、将来

的に道幅を4mに広げることを目指しているのです。

 

助成金もある狭あい道路整備事業

色々説明してきましたが、狭い道路を幅4mに広げるために、後退(セットバック)

してもらった敷地を市に寄付していただき、市が道路として整備する事業が

『狭あい道路整備事業』です。

敷地を後退していただく事で、将来的に道幅4mの道路となります。

しかし、敷地後退していただくためには費用がかかり、とても簡単といえるもので

はありません。

狭あい道路整備事業は、そんな後退用地を市に寄付していただくために、様々な助

成を行うものであります。

また、後退用地に関しては市が整備を行い、管理していきますので、より皆様の負

担が軽減されることとなります。

詳しくは、松阪市のホームページ狭あい道路整備促進事業

を参考にして下さい。

助成金の事も掲載されていますよ。

 

実際補助金が出たケースも

実は、先日お世話になってるお客様の土地もこの事業に該当しそうでしたので、土

地家屋調査士のご協力のもと、詳しく調べて頂きました。

結果は、なんと85%以上が助成金として戻ってくることがわかりました。

ケースバイケースなので、その道路などによって変わってきますが、このように実

際助成金が下りる事もわかりました。

このような狭い道路の売却などをお考えの場合は、一度宅建業者や、松阪市でした

ら、東洋ハウジングへご相談ください。

東洋ハウジング☎ 0598-29-1155

東洋ハウジングmail toyo.h@galaxy.ocn.ne.jp

必ず助成金が下りるとは限りませんが、調べてみる価値はあるかもしれません。

 

株式会社東洋ハウジング

三重県松阪市久保町1330番地8

☎ 0598-29-1155

URL https://sutekinasumai.com/

建て替え可能な土地ですか!

 

【pixabayより 松阪市内にもたくさんある細い路地(画像は関係ありません)】

【pixabayより 松阪市内にもたくさんある細い路地(画像は関係ありません)】

街中の狭い道路

松阪市だけではないと思いますが、旧市内には道の狭い道路があります。

最近、そんな狭い道で狭あい道路と呼ばれるところがある事をご存知ですか!

狭あい道路はそのままではその道路に接続する敷地では建築できないなど、支障があるところも多々あります。

 

狭あい道路って何?

そもそも狭あい道路とは何だろう・・・という方も多いと思います。

狭あい道路とは、建築基準法において道路の幅が4m以上で定められています。

しかし、皆さんの周りにも道路の幅が4m未満の道路もたくさんありますよね?

もしかしたら、売却しようと思ってる土地も狭あい道路かもしれません。

そんな幅4m未満の道路で、市が指定した道路を『狭あい道路』と呼びます。

 

『道路』と敷地の関係

ご自身の家を想像してみて下さい。その家の敷地に面して必ず道路があります。

これを『接道の義務』といい、建物を建てる敷地には必ず道路に面していないといけないと建築基準法で定めら

れています。

ここでいう道路とは、先ほど説明した幅4m以上のものです。道幅が4mあれば緊急車両も問題なく駆けつけるこ

とができます。

 

『狭あい道路』と敷地

狭あい道路は市が指定した幅4m未満の道路です。この狭あい道路に面した敷地では、そのまま新たな建物を建て

たり、建て替えることができません。

道路の中心から2m敷地を後退していただく事で、新たに建てたり、建て替えたりすることができるようになりま

す。

狭あい道路に面するそれぞれの敷地が、道路の中心から2m後退することで、将来的に道幅を4mに広げることを

目指しているのです。

 

うまく利用したい狭あい道路整備事業

色々説明してきましたが、狭い道路を幅4mに広げるために、後退(セットバック)してもらった敷地を市に寄付

していただき、市が道路として整備する事業が『狭あい道路整備事業』です。

敷地を後退していただく事で、将来的に道幅4mの道路となります。

しかし、敷地後退していただくためには費用がかかり、とても簡単といえるものではありません。

狭あい道路整備事業は、そんな後退用地を市に寄付していただくために、様々な助成を行うものであります。

また、後退用地に関しては市が整備を行い、管理していきますので、より皆様の負担が軽減されることとなります。

詳しくは、松阪市のホームページ狭あい道路整備促進事業

を参考にして下さい。

助成金の事も掲載されていますよ。

実は、先日お世話になってるお客様の土地もこの事業に該当しそうでしたので、土地家屋調査士のご協力のもと、

詳しく調べて頂きました。

結果は、なんと85%以上が助成金として戻ってくることがわかりました。

ケースバイケースなので、その道路などによって変わってきますが、このように実際助成金が下りる事もわかり

ました。

 

調べる価値はあるかも!

このような狭い道路の売却などをお考えの場合は、一度宅建業者や、松阪市でしたら、東洋ハウジングへご相談

ください。

東洋ハウジング☎ 0598-29-1155

東洋ハウジングmail toyo.h@galaxy.ocn.ne.jp

必ず助成金が下りるとは限りませんが、調べてみる価値はあるかもしれません。

 

株式会社東洋ハウジング

三重県松阪市久保町1330番地8

☎ 0598-29-1155

URL https://sutekinasumai.com/

道路の重要性

 

【pixabayより 松阪市内にもたくさんある細い路地(画像は関係ありません)】

【pixabayより 松阪市内にもたくさんある細い路地(画像は関係ありません)】

街中の道路

松阪市だけではないと思いますが、旧市内には道の狭い道路があります。

最近、そんな狭い道で狭あい道路と呼ばれるところがある事をご存知ですか!

狭あい道路はそのままではその道路に接続する敷地では建築できないなど、支障があるところも多々あります。

 

狭あい道路って何?

そもそも狭あい道路とは何だろう・・・という方も多いと思います。

狭あい道路とは、建築基準法において道路の幅が4m以上で定められています。

しかし、皆さんの周りにも道路の幅が4m未満の道路もたくさんありますよね?

もしかしたら、売却しようと思ってる土地も狭あい道路かもしれません。

そんな幅4m未満の道路で、市が指定した道路を『狭あい道路』と呼びます。

 

『道路』と敷地の関係

ご自身の家を想像してみて下さい。その家の敷地に面して必ず道路があります。

これを『接道の義務』といい、建物を建てる敷地には必ず道路に面していないといけないと建築基準法で定めら

れています。

ここでいう道路とは、先ほど説明した幅4m以上のものです。道幅が4mあれば緊急車両も問題なく駆けつけるこ

とができます。

 

『狭あい道路』と敷地

狭あい道路は市が指定した幅4m未満の道路です。この狭あい道路に面した敷地では、そのまま新たな建物を建て

たり、建て替えることができません。

道路の中心から2m敷地を後退していただく事で、新たに建てたり、建て替えたりすることができるようになりま

す。

狭あい道路に面するそれぞれの敷地が、道路の中心から2m後退することで、将来的に道幅を4mに広げることを

目指しているのです。

 

うまく利用したい狭あい道路整備事業

色々説明してきましたが、狭い道路を幅4mに広げるために、後退(セットバック)してもらった敷地を市に寄付

していただき、市が道路として整備する事業が『狭あい道路整備事業』です。

敷地を後退していただく事で、将来的に道幅4mの道路となります。

しかし、敷地後退していただくためには費用がかかり、とても簡単といえるものではありません。

狭あい道路整備事業は、そんな後退用地を市に寄付していただくために、様々な助成を行うものであります。

また、後退用地に関しては市が整備を行い、管理していきますので、より皆様の負担が軽減されることとなります。

詳しくは、松阪市のホームページ狭あい道路整備促進事業

を参考にして下さい。

助成金の事も掲載されていますよ。

実は、先日お世話になってるお客様の土地もこの事業に該当しそうでしたので、土地家屋調査士のご協力のもと、

詳しく調べて頂きました。

結果は、なんと85%以上が助成金として戻ってくることがわかりました。

ケースバイケースなので、その道路などによって変わってきますが、このように実際助成金が下りる事もわかり

ました。

 

調べる価値はあるかも!

このような狭い道路の売却などをお考えの場合は、一度宅建業者や、松阪市でしたら、東洋ハウジングへご相談

ください。

東洋ハウジング☎ 0598-29-1155

東洋ハウジングmail toyo.h@galaxy.ocn.ne.jp

必ず助成金が下りるとは限りませんが、調べてみる価値はあるかもしれません。

 

株式会社東洋ハウジング

三重県松阪市久保町1330番地8

☎ 0598-29-1155

URL https://sutekinasumai.com/

最新記事

カテゴリー

アーカイブ