土地の面積が大幅に異なるときは

昔からの土地の場合はよくあります

相続などで土地を取得した場合、土地の面積が実際の面積(実測面積)と、登記の

面積が違う場合がございます。

特に、昔からの土地など古くからの登記内容の場合はよくあります。

この場合、登記簿の面積で売買すること(公簿売買)も、実測面積で売買すること

もどちらも可能です。

しかし、実測面積の場合は、その根拠が必要です。

地積更正登記を行ってからの売却

では、どんな根拠が必要かというと、自分たちで行った測量などでは信ぴょう性に

かけるので、難しいかと思います。

実測面積の場合は、土地家屋調査士などに依頼をし、地積更正登記を行います。

地積更正とは、登記簿の地積(土地の面積)が測量した実際の面積とは異なる場合

に、登記簿の内容を修正します。

土地区画整理など行われていない古い土地は、昔の測量記録が基礎になっているた

め、今の測量技術で測量しなおすと、地積(土地の面積)が異なることも多々あり

ます。

地積更正登記を行う場合は、測量をしなおす前に隣地所有者や行政(市役所など)

との境界立会い等もあり、境界確定図などの作成もあり結構な費用がかかります。

土地の大きさや測点、境界確定に要する費用などにもよりますが、40~50万円前後

必要となることもございます。

ですから、その費用をかけてでも地積更正登記を行ったほうが良いかどうかの判断

は必要です。

地積更正登記を行うと、近隣との境界立会いの記録や境界杭はもちろん、地積も完

全なものになります。ですから、取引(売買)もしやすくなるのでお勧めですが、

費用がかかることも現実です。

【境界杭】

【境界杭】

【境界プレート】

【境界プレート】

もし、地積更正を行わない場合の取引でも、最近は境界立会いだけは費用を出して

行ない、境界プレートや杭を入れてもらいます。

取引を行う相手(買主)も地積更正登記が行われているほうが、購入しやすくなる

と思います。

土地家屋調査士に知り合いがいらっしゃる場合は良いのですが、いない場合松阪市

近郊なら東洋ハウジングでもご紹介させていただきます。

東洋ハウジング☎ 0598-29-1155

東洋ハウジングmail toyo.h@galaxy.ocn.ne.jp

是非ご相談ください。

より安全で安心な取引を行う為に、地積更正登記をお勧めいたします。

株式会社東洋ハウジング

三重県松阪市久保町1330番地8

☎ 0598-29-1155

URL https://sutekinasumai.com/

 

境界杭等を残す大切さ

境界杭やプレートの大切さ

土地や中古住宅を売却する時に、新しめの団地などは良いのですが古い団地や

昔からの土地の場合は境界も何もない場合があります。

以前は、ブロックなどがあればそれを目印にして買主にその事を説明して、売

却をしていました。

しかし、ブロックを壊してしまうとどうでしょう。

すぐににわからなくなります。

そんな時に必要なのが境界杭や境界プレートなどの目印です。

買主も喜ばれます

【境界杭等は無くてなならない存在です】

【境界杭等は無くてなならない存在です】

杭やプレートなどの目印は、所有者が変わってブロックなどを壊したりしても

残っています。

買主は、取引がうまくいくのか?など色々な不安を抱えながら購入を勧めます。

そんな不安の1つが、目印である境界杭などです。

この杭などは後世にも残ります。

もし、売却しようとしている住まいや土地に境界杭や境界プレートなどの目印

が無い場合は、ぜひ、土地家屋調査士に依頼をして境界部分を決めて頂き、杭

などの目印を入れてもらってください。

もちろん、お金はかかります。

立会いの箇所や仕方にもよりますが、10万円から20万円程度は必要です。

しかし、そのお金をかけることで、買主の不安の1つが無くなります。

誰でもそうですが、トラブルは嫌いです。

境界の目印などがない場合は、後からトラブルになる可能性もあります。

そんな、トラブルになるかもしれな売り物件は、買主も避けることが多いと思

います。

土地家屋調査士がわからない時は、街の法務局に出向いてもらうと、名簿の一

覧のようなものが掲示してあります。

もちろん、松阪市やその近郊の場合は、東洋ハウジングにお問い合わせしてい

ただければ、ご紹介や見積もり依頼もさせて頂きます。

東洋ハウジング☎ 0598-29-1155

東洋ハウジングmail toyo.h@galaxy.ocn.ne.jp

ちなみに、東洋ハウジングでお取引させて頂く場合は、殆どこの説明をさせて

頂き、ご理解いただいた上でお願いしております。

トラブルの無い、安心な不動産取引のために、境界杭や境界プレートを入れま

しょう。

株式会社東洋ハウジング

三重県松阪市久保町1330番地8

☎ 0598-29-1155

URL https://sutekinasumai.com/

境界立会いのおすすめ

あると必ず役に立ちます

【後世まで残る境界プレート】

【後世まで残る境界プレート】

古い敷地などは、どこまでが自分の敷地なのかがわからない事が多々あります。

そこで役に立つのが、この境界プレートなどです。

売却する場合は、いれてもらうことをお勧めいたします。

少しお金をかけてでも設置したい境界プレートや杭

土地家屋調査士に依頼をし、境界の目印になるものを入れて頂くと、お金がかかります。

敷地の形などにより金額は変わると思いますが、大体10万円~20万円程度です。

本来、地積更正登記(境界を決めるだけじゃなく測り直し面積も正確なものに変える)も行えると一番いい

のですが、お金は数倍かかります。

なので、土地取引には少なくとも境界立会いをお願いしております。

そうすることにより、境界プレートや杭など後世に残るものができ、取引後に所有者が変わっても自分の敷

地がどこまでなのかが明確になり、売主も買主も安心して取引が行えます。

トラブルの無い安心した取引が、みんなが求めているものだと思いますので、ご協力よろしくお願いいたし

ます。

もちろん、境界立会いの見積もりはとっていただき、正確な値段を把握したうえで行うことをお勧めいたし

ます。

なお、松阪市やその近郊なら東洋ハウジングでもご協力させて頂きます。っていっても東洋ハウジングでは

もちろん出来かねますので、ご紹介のみですが・・・。

東洋ハウジング☎ 0598-29-1155

東洋ハウジングmail(24時間受付) toyo.h@galaxy.ocn.ne.jp

ぜひ、東洋ハウジングにもご相談ください。

株式会社東洋ハウジング

三重県松阪市久保町1330番地8

☎ 0598-29-1155

URL https://sutekinasumai.com/

これがあると所有者が変わっても安心です

流石はパークタウン学園前団地

【擁壁の下にある杭】

【杭の入らない場所はプレートで】

【草の中から探しました】

【ブロックの下にもありました】

 

先日、下村町のパークタウン学園前団地で土地付建物の取引を行いましたが、あると

何十年と残るものがパークタウンにはちゃんとありました。

それは、境界杭です。

 

コンクリート杭は動かないまたは無くなりにくいので特に良いです

しかも、その殆どがコンクリート杭で入っています。

コンクリート杭は、一見邪魔なようですが、何十年経っても動きにくく、また取れにくい

ので本当にありがたいです。

パークタウンもコンクリート杭が入らないところはプレート杭でしたが、殆どがコンクリ

ートです。(側溝などがありコンクリート杭が入らないところもある)

このように、境界杭は本当に大事です。

個人で取引するときでも、買主さんがわかりやすいように、または将来困らないように、

境界杭(コンクリート杭でもプレート杭でも)を入れるようにすると良いと思います。

プレート杭の場合は、貼りつけるだけだと年数が経過すると取れやすいので、プレートを

ビスで留めると良いと思います。(最近は2か所ビス止めするようです)

なかなか当人だけでは難しい場合があるので、土地家屋調査士にお任せすることをお勧め

いたします。

法務局に行くと、松阪地区の土地家屋調査士さんの一覧もございます。

参考にして下さい。

また、東洋ハウジングでも紹介させていただきます。

その時は東洋ハウジングまでご連絡ください。

東洋ハウジング☎ 0598-29-1155

もちろん無料でご紹介させていただきますよ。

無理のない、安全な不動産取引を!

株式会社東洋ハウジング

三重県松阪市久保町1330番地8

☎ 0598-29-1155

URL https://sutekinasumai.com/

不動産売却時に行っていただきたい事

境界杭等の設置

新しい団地などは、隣地との境界杭等が結構ありますが、古い団地や昔ながらの住まいなどは、結構あいまいに

なってるところも多いと思います。

しかし、買主にとって安心した取引、売主にとってトラブルの無い取引を心がけたいと思うので、この境界杭等

の設置は大変重要なことなのです。

土地家屋調査士に依頼

【敷地の確認をします】

境界杭やプレート等がない場合、土地家屋調査士のその業務を依頼します。

この場合、基本的には売主の費用負担にて行います。

売主、隣地所有者の意見を聞き、時には自治会長などにも意見を聞きながら、境界線を決めていきます。

境界線が決まれば、その場所で関係者と写真撮影を行います(立会いの記録として残すため)

最後に、その決めた場所に土地家屋調査士さんにプレートや杭などの目印を入れて頂いて完成です。

もちろん、写真などの記録は、最後にまとめて頂き、売主に報告書が渡されます。

この報告書は最終的に買主に渡すのですが、これがあれば、買主さんは安心して購入できますよね。

売主さんは境界に対するトラブルは無くなります。

このように境界杭等の設置がされていない場合は、この作業をお勧めいたします。

土地家屋調査士さんのお知り合いがいない場合は、近くの不動産屋さんに相談してみてはいかがですが!

松阪市や近郊なら東洋ハウジングでもご相談承ります。

東洋ハウジング☎ 0598-29-1155

東洋ハウジングmail toyo.h@galaxy.ocn.ne.jp

お気軽にご相談ください!

株式会社東洋ハウジング

三重県松阪市久保町1330番地8

☎ 0598-29-1155

URL https://sutekinasumai.com/

これがあると所有者が変わっても安心です

流石はパークタウン学園前団地

【ブロックの下にもありました】

【擁壁の下にある杭】

【杭の入らない場所はプレートで】

【草の中から探しました】

 

今、下村町のパークタウン学園前団地で土地付建物の取引をしていますが、あると何十年と残るものが

パークタウンにはちゃんとありました。

それは、境界杭です。

 

コンクリート杭は動かないまたは無くなりにくいので特に良いです

しかも、その殆どがコンクリート杭で入っています。

コンクリート杭は、一見邪魔なようですが、何十年経っても動きにくく、また取れにくいので本当にあり

がたいです。

パークタウンもコンクリート杭が入らないところはプレート杭でしたが、殆どがコンクリートです。

(側溝などがありコンクリート杭が入らないところもある)

ただ、擁壁の下に位置する草だらけのところは今回見つけれませんでしたので、取引までにスコップなど

を持って探したいと思います。

このように、境界杭は本当に大事です。

個人で取引するときでも、買主さんがわかりやすいように、または将来困らないように、境界杭(コンク

リート杭でもプレート杭でも)を入れるようにすると良いと思います。

プレート杭の場合は、貼りつけるだけだと年数が経過すると取れやすいので、プレートをビスで留めると

良いと思います。

なかなか当人だけでは難しい場合があるので、土地家屋調査士にお任せすることをお勧めいたします。

法務局に行くと、松阪地区の土地家屋調査士さんの一覧もございます。

参考にして下さい。

また、東洋ハウジングでも紹介させていただきます。

その時は東洋ハウジングまでご連絡ください。

東洋ハウジング☎ 0598-29-1155

もちろん無料でご紹介させていただきますよ。

無理のない、安全な不動産取引を!

株式会社東洋ハウジング

三重県松阪市久保町1330番地8

☎ 0598-29-1155

URL https://sutekinasumai.com/

最新記事

カテゴリー

アーカイブ